キャリアデザインの作り方

キャリアデザインを作る際には、今までの自分の仕事を見直すだけではなく、将来のことも具体的に描いていくことが必要となります。そのため、キャリアデザインを作ろうと思っても、なかなか前に進めなくなってしまう方もいるでしょう。目標などが定まっていない方の場合には、「どうすれば、キャリアデザインが作れるのだろう?」と思っている方もいるでしょう。

では、キャリアデザインの作り方についてご紹介しましょう。どういったステップで進めて行けば良いかを以下にご紹介します。
・現状の把握
まずは、今の現状を一度見直してみましょう。どういった仕事をし、どういったスキルが身に付いているのかを客観的に確認してみると良いでしょう。

・今後の課題
これから先、どういった課題があるのかを書き出してみると良いですよ。転職をしたいと考えている方は、どういった転職を考えているのか、転職をするためにはどういったことが必要となるのか、そのためのスキルはあるのかを考えていくと良いでしょう。

・解決策を探る
課題を確認し、その課題をこなすためには、どういった解決策があるのかを考える必要があります。例えば、転職を考えている方であれば、どういったスキルを身に付けておく必要があるのか、どういった経験が必要となるのかを具体的に考えてみると良いでしょう。

・仮説を立て見る
今後の仕事について、どういったことをしていきたいのか仮説を立ててみると良いでしょう。仮説を立てると、そのためには何が必要となるのか見えてくるはずですよ。

このように、キャリアデザインを作る際にはこれらのステップにそって進めていくとスムーズに作ることが出来るでしょう。キャリアデザインを作る際には、より具体的に作っていくことがポイントとなってきますから、具体的な内容を書き出すようにすると良いでしょう。そのほか、キャリアデザインを作成することで自分が請け負う案件の幅も明確になってくるでしょう。