文書」カテゴリーアーカイブ

文書として残す価値あるキャリアのデザイン

社会人となって仕事に就くとき、心得ておくべきことがあります。それは、将来の仕事の計画をきちんと持っているということであり、はっきりとした将来のプランを持ってこそ、出世の効果が表れます。

自身が携わることになった仕事の業界について改めて調べ、どのように定年までに出世ができるかについて、考えることは重要です。将来の仕事の選び方をデザインすれば、それだけ業界の実情についても詳しく知ることができます。定年までにどのような仕事選びができるかについて、明確にドキュメントの形で残す事も重要です。イメージとして思い浮かべるだけでは、それを具体的に実行するには問題があります。文章として形に残してみれば、論理的な矛盾なども簡単に指摘することができます。また、文書の資料として定年までのキャリア設計を形にすることは、後で見返して検証する際にも便利です。

当初立てた仕事選びのプランは、必ずしもうまくいきません。過去に残したキャリアデザインの資料があれば、検証のための材料として使えます。自分なりの仕事選びの資料を残していくことで、プランニングはより確かなものになります。多くのビジネスマンは、将来の仕事の選び方について漠然としたイメージを持っています。しかしながら、それを計画書として文書に残すほど、熱心に計画を立てている人は少ないのが実情です。仕事のステップをドキュメントの形に具体化すれば、定年までの目標達成に意欲的に取り組めるのではないでしょうか。